This Category : 未分類

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれれ・・・なにか聞こえます

2009.09.06 *Sun
今夜は綺麗な満月ですね(*^。^*)

今まで治療記録みたいなことをブログには記してきていませんが・・・
突発性難聴について、ちょっとお伝えしたいと思います。

6月から治療を始められたN様。
年齢70代
18年前、片側の難聴
3年前、反対側難聴
どちらも突発性難聴の診断を受け、入院し治療を行うが、完治せず。
現在、両耳に補聴器を使用。
聴力は中程度
これ以上聴力が下がらないように、また出来れば回復すればという想いで、カーチャへ来院される。

発症後間もない場合は、毎日通院されることを提案しますが、年齢のこともあり、また発症から時間も経っているため、週に1度の治療を希望され、そのように治療をおこなっていくこととなりました。

はじめの3回は3年前に発症された側のみに治療を行い、その後、両耳に治療をおこなっていき(ご本人希望)3ヶ月たった先日の治療のとき、

片側が終了したところで、「あっ、なんだか今日は違いますね。何か音が入ってきています」
そして、反対方に移ると、「あーこちらは特に変わったことがありません・・・」
次に仰向けで首をほぐしていると、「あっ、今になって反対側も何か音が入ってきます」
「耳鳴りみたいな感じですか?」(N様は普段耳鳴りはありません)
「いいえ、何か音ですねー、なんかいいです」
「BGMの音ですか?」
「あら?BGMなんてしていたの?」
「BGMはインディアンフルートといって、ちょっと高めの音が入ってますけど」
「うーん、違うみたいね」

急激に会話の声や音がクリアに聞こえたわけではないのですが、なにやらいつもと違った感じを受けたようです。

1回目の治療の日、補聴器をつけるのを忘れて帰られ、「大丈夫かな~」と思っていたのですが、次のとき、「なんだかすっきりしてつけるの忘れちゃった(^・^)」とのこと。
以後、治療後は耳の感じがいいので、補聴器をはずしていかれるN様。
「帰りのバスでは車内アナウンスがよく入ってくるのよ」


実際、8月始めに検査した結果、最初に見せていただいたオージオグラム(聴力検査表)は3年前に発症された側の低音部(125dbと500db)の聴力が15dbほど上がっていました。

「気長に頑張ります(*^。^*)」
「一緒に頑張りましょうね」

年齢やら発症から経過していることやらで実際、私も不安はありました。
が、このような「変化」はなにより嬉しい報告です。

突発性難聴に関しての治療は、実際、開業前に勤務していた突発性難聴ハリ治療ネットワークでの治療を基本としてる。
発症間もない方には「毎日治療」という提案をさせていただきますが、実際、仕事のこと、子供のこと、金銭的なことetc.難しいこともあります。それを訴えられる方も少なくないです。

それでも、「治りたい」という想いで、治療を継続され、完治にいたる方。
軽度の難聴の方でも、数回の治療で(10回以下)完治されないと、「もう疲れました」といって、治療をやめてしまう方。大変残念ですが、私の力及ばず・・・
薬を飲んでも変化せず、もう薬はやめたとおしゃって、来院し1回の治療で「すっきりしました」という方、その後、念のため、数回治療をし反対側の首肩こりがかえって気になると反対側も治療をし、「これでよし」という方。
週末に突発性難聴を診断され、日・月と治療され、火曜日の病院での検査で完治されていた方。(難聴程度は軽度)
2ヶ月、3ヶ月と治療を継続され、完治された方。(途中には色々と波がありました)
1年以上治療を継続されている方。(まだまだあきらめません)

と・・・様々です。
治療に対して、決して無理強いは出来ません、難聴の程度や抱えている問題などによって、絶対これだけやれば、という言葉は使えませんが、多くの方に完治して頂きたいと願っています。

なかなかすぐに結果が出ないこともありますが、自分の体を諦めないことの大切さをN様から教わったこと、嬉しい出来事であったので、ご報告させていただきました。

スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

リセット

2008.06.18 *Wed
毎度おなじみ、水曜日は私の休日。
海へ行ってきました(●^o^●)

先週に引き続き、湘南は波はほぼない<(`^´)>
まぁーいいか。。。。

私にとって、海に浮かんでいることは、
温泉好きな方が休みの日に
「温泉でも行って、のんびりするかぁー」
って心境に似ていると思います。

最近は海に入る前は汗だく・だく(*_*;‘‘
なぜか私だけ、汗だく・だく・ぼたぼたと汗をかいている
<代謝がいいのーってことにしています(^^ゞ >
なので、一歩海に入るとすーーーとします。

ほよほよ(-。-)y-゜゜゜


今日はいつもとめる駐車場に車がいっぱい(@_@;)
こんな波のない日になぜに・・・?
どうもサーファーの車ではないようですし・・・

海に出てみると、そのなぞが\(◎o◎)/!
何かの撮影をしていました。

んーーー私の知る限りの有名人はいませんでしたが、
きっと、この若い(高校生くらいかしら?)人も
数年後にはきゃーきゃーと巷で言われる人になっていくのでしょうね。

海に入る前浜でストレッチしたり、私は貝をほじほじして、
いたら、
「すいませーーん」
とスタッフさんが駆け寄ってくる(-_-;)
<邪魔ってことかしら(;一_一)>
「ここ、映っているので、撮影見たり現場を見たり、スタッフの方を見たりしないでください。
自然にしていてください。出来れば、海に入るのはもう少し後で・・・お願いしますね~」

あら?(*^_^*)
こんな姿で・・・
TVに映っちゃってるかも・・・・

それから若い俳優さんたちはひたすら砂浜を
「しょうなーん、ファイト・ファイト!」
と走っていました。

なんの撮影なのかしら????

さて、心と身体のリセットは出来ましたので・・・
また一週間、楽しく治療しますよ~ヽ(^。^)ノ
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

時空の旅人2

2008.05.21 *Wed
時空の旅人

さてさて、キムさんと真砂さんのTalk
の後、真砂さんの生演奏です。

インディアンフルートの優しい音色は
空気の中を流れて体の中に溶け込んでくる感じです。
言葉をもたないけれど、私の中に語りかけてくるものがあります。

以前は音楽を聞くというのは歌詞に心打たれたりしたものですが、
(もちろん今でもそれはそれで好きなんですけど)
真砂さんの音楽に出会ってからは音楽から生じるイマジネーション
今回のタイトルの如く、時空の旅人を体験している
そんな感じです。

音とか絵とか生み出す人のスピリットを映し出してる気がしています。
私には音を生むことやら絵を描くことの力はないのですが、
それってやっぱり自分の中のスピリットが弱いのかなぁーなんて思います。

昨日書いた民族性のことにも通じるように、
自分のこと、見えていない部分がたくさんあるのだと思うのです。
見ないようにしているのかもしれません。
自分が何をしたいとか何を伝えたいとかそいういうこと向き合うこと
大切ですね。

もっと、自分と向き合っていってあげないとなぁ~
自分を知って、自分を生かしてあげないと、申し訳ない

「自分を愛するように人を愛せよ。」

中高校生時代に毎日礼拝のある学校に通っていた私は
何度この言葉を聞いたことかしら。

人を愛することが出来る人は、自分を愛する人なんですよね。
自分を出発点として人から人へと繋がっていくものなのでしょう。

真砂さんとキムさんの「時空の旅人」
映像と音楽を通じて、色々なこと感じさせていただきました。

お二人と企画に携わった方々に感謝をします。

今夜は満月の後の十六夜
CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

時空の旅人1

2008.05.20 *Tue
時空の旅人


今年したいことのひとつ
真砂秀朗さんの音楽を「生」で聴く

実現しました(^。^)

~時空の旅人~
真砂秀朗 meets 雲南COLOR FREE


今回はキム・スンヨンさんの映像・真砂さんとキムさんのTalkそして、最後に
真砂さんのLiveでした。

(^o^) “雲南COLOR FREE”

雲南COLOR FREEはキム・スンヨンさん監督の作品。
雲南省の少数民族を紹介したフィルムでした。

フィルムの中ではいくつかの民族の衣装が鮮やかに映し出されます。
音と映像のみ
各々の衣装はどれも手作りでその技巧の素晴らしさには、どこの民族も女性は
おしゃれなのねーなんて思って見ていました(*^^)v

どの民族の衣装も細かなデザインの刺繍が施されていて、
帽子と言っていいのでしょうか?
とにかく、頭の先から足の先までみな衣装をまとっています。

なぜか?民族衣装にヒールを履いているというのもあり、でしたね。

頭の帽子(?正確な名称がわからず)の上に銀板をのせている方々もいました。
太陽の熱を受けて、火を熾すのではないかと・・・ちょっと心配

チャングムで見た髪を縄のように編んでぐるぐると頭に載せている方々もいましたね。
あれはかなり首コリになるのではないでしょうかね。

と、まぁ、それぞれ個性的で素敵なのですが・・・
実は・・・ちょっと長くて、この中で何が訴えたいのかな?ってちょっとだけ思ってしまいました。
ひたすらこの民族衣装を世の中の人に見せたいだけってこともないだろう・・・(^_^;)

このフィルムが映し出していたのは自分達民族に対する誇りだったのですね。

きっと、彼らはその衣装をお母さん・おばあちゃん、ひいおばあちゃん・ひいひいおばあちゃんそのまたひいひいひいおばあちゃん・・・・・
ずーっと引き継いで、その衣装を着るということが、彼らの人間性を作っているのだろうな
世の中が変わっても、私達民族はこれがmy Worldさ

外国語を習う時、
D’ou venez-vous?(どこから来たの?)
Je viens de Japon!!(日本から来ました)
Je suis Japonese (私は日本人です)

こういうフレーズ、まず出てきますよね。
そう、私は日本で生まれて、日本で育って、日本語を話す日本人
でも、日本人はこんな文化をもっているのよ~
日本はこんな生活なのよ、こんなとこがご自慢です。
って説明するのはとっても難しいのです。(私だけかもしれませんがね)

食事にしても、外食はもちろん各国料理が食べられますし、
日々家庭で食べる食事も和洋折衷当たり前

洋服だって、アメリカ・ヨーロッパ・アジア
各国の服を着こなしていますもの。

日本という国籍をもつ、日本文化を知らない日本人
そんな自分がいることを改めて感じてしまいました。
反省・反省

今夜は満月
月を愛でていた日本人の心を
少し感じてみたいと思います。

そして、日本をもっと感じたいな・・・と
旅に出たくなりました。

今回出会った、キムさん、とても綺麗なお顔の方でした。
6月にはキムさんの作品「Tibet Tibet」も横浜の映画館で見られるようで、楽しみです。

すっかり長くなってしまいました
真砂さんの音楽の話しはまた次回。。。
(^.^)/~~~



CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

地球を感じる

2008.04.28 *Mon
毎日、地球の上を歩いている。

太陽の陽を浴びている。

月の光を浴びている。

空気を吸っている。

地球から生まれた作物をいただいている。


循環農法の提唱者 赤峰勝人さんの言葉

「そして、命のもと。
水にしても、光にしても、土にしても、全部ただのもんでしょう。
ただのもんで生きている、生かされているとわかると、
そういうことが理解できてくると、全部がありがたい」


人が人の力だけで作り出せるものなんて
ないのですよね。

横柄になりがちな時、思い出したい言葉です。


CATEGORY : 未分類
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜元町・中華街に囲まれたカーチャ治療院 院長
鍼灸師

楽しいこと嬉しいことは降ってこない
目を開いて見つけていこうよ。



最近の記事



最近のコメント



ワンクリゲー


presented by NOW



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © はり灸師 カーチャのひとりごと All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。