This Category : 好きなもの

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はお仕事~

2009.09.28 *Mon
月曜日は、基本的に定休日を頂いておりますが、昨日は臨時休診をさせて頂いたので、継続治療の方のみ治療をさせて頂きました。

特に、突発性難聴の治療は発症直後はもちろんのこと、やはり治療を始めたらある程度の期間は継続することが大切です。
これは新橋の一掌堂治療院での臨床経験から学んだこと。
毎日治療を受けるなんて???と私も臨床に入りたての頃は思ったものです。
が、患者さんたちからの生の声は、一回一回薄皮をはぐように変わっていく。ということ。
それが一回目から感じるか、10回を過ぎた頃から感じるかは人によって差がありますが、治療間隔をあけないことが必要です。


なので、それを受け止め、一緒に頑張る方への治療はやはりこちらの都合で空けるわけにはいきませんよね。
治りたい、治したい、治すぞ!!
その気持ちが大切ですから。

「忙しかったけど、来てよかった」
そう感じていただける施術者・治療院でありたいです。
これからも学びを忘れず、頑張りますp(^・^)qので、宜しくお願いいたしますm(__)m



が・・・・
カーチャに10月末からある問題が生じることとなり・・・・
ちょっと困っています。
またこれについては後日お知らせさせて頂きます。m(__)m
スポンサーサイト
CATEGORY : 好きなもの
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

悩む力

2009.09.06 *Sun
姜尚中様(*^。^*)
私は姜さんがTVに出て話しているのに釘付けになってしまうタイプ。
どの場面でもとても落ち着いて、決して相手を否定するような発言がなく、そして説得力がある。
(と感じる)
爆笑問題の太田さんとの討論をしていた時、お互い違う意見をもっていながら、「そうかぁーそういう考え方もあるよね」とあの口ぶりでおしゃっていた。まずは相手を認める。
この姿勢がとても好きだ。

先日、駅構内の本屋さんを通りがかった際に、「悩む力」が置いてあったので、「あっ読もう読もうと思ってまだ読んでいない(~_~;)」とまぁーよくあることですが、手にとってレジへ進んだ。
姜さんの本を読むのは・・・初めて。(わくわくするな)
気になる人は大抵あれこれ読む方なのだが、なぜか読んでいなかった。

あの落ち着いたお声で語られているようで、あっという間にとりあえず読み終える。
まだ数回読むことになるだろうな(^.^)

今日は第六章より
何のために「働くのか」

失業率増という言葉を聞くことも多い今の世の中。
人はお金のためだけに働くのか?
確かにお金がないと生活できないですし、税金を払ったり、年金、健康保険など、国民としての義務を果たすこともままならない。
住むところもなく、食べることにも困る、という状況に置かれたことはないので、「喰うために働いてんだよー」と吠えたことはないのですが、やはり食べていくために働くというのは基本になっているでしょう。
では、もしお金が有り余るほどあったら人は働かないか?
自分はどうか?
私はたぶん、お金が有り余るほどあっても働くタイプ。
その答えを姜さんはなんとも明快な言葉で綴ってくれている。

社会というのは基本的には見知らぬ者どうしが集まっている集合体であり、だからそこで生きるためには、他者から何らかの形で仲間として承認される必要があります。そのための手段が働くということなのです。働くことによって初めて、「そこにいてもいい」という承認が得られる。

そうなんですよね。
20代前半、海外生活への憧れを抱き(*^。^*)ヨーロッパで暮らしていたことがある。
せっかくだからと語学学校へ通ったりして、最初のうちは初めて物語♪で新鮮で楽しかったのだが、しばらくすると、なんだか腑抜けみたいな感じになってしまった。既に社会人を経験していたこともあったのだろう、何にも所属していない、何かを生産していない自分がなんだか必要ない存在のように思えて、ヨーロッパの冬の空をみてとても空虚になってしまったことがある。
しかも、秋の頃から昼間がとても短い地ではなおさら・・・そんなことばかり考えてしまった時期もあった。


「人はなぜ働かなければならないのか」という問いの答えは
「他者からのアテンション(ねぎらいのまなざしを向けること)」そして「他者へのアテンション」
だといいたいと思います。それを抜きにして、働くことの意味はありえないと思います。その仕事が彼にとってやり甲斐のあるものなのかとか、彼の夢を実現するものなのかといったことは次の段階の話です。


<中略>
自分自身に「私はなぜ働いているのか」と問うてみることがあります。するといろいろ考えた挙句、他者からのアテンションを求めているから、という答えが返ってきます。お金は必要ですし、地位や名誉はいらいないと言ったら嘘ですが、やはり、他者からのアテンションが欲しいのです。それによって、社会にいる自分を再認識できるし、自分はこれでいいのだという安心感が得られる。そして自身にもつながっているような気がします。
人間というのは「自分が自分として生きるために働く」のです。「自分が社会の中で生きていていい」という実感を持つためには、やはり働くしかないのです。



今の仕事に不満を感じていたり、自分には合わない、と感じている方も少なからずいるだろう。
でも、ちょっと自分の周りとのコミュニケーションを見直してみたら、他者からのアテンション、他者へのアテンションがきっとみつかるはず。
かなり長く姜さんのお言葉を引用してしまいましたがm(__)m
働くということは物質的なもの以外に、大事なものを授けてくれているのだということ。
なぜ私は今まで働いてきているのか?この意味はなんなのか?というグレーがかったものをふーっと吹き払ってくれた一冊。
CATEGORY : 好きなもの
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

Le Penseur

2009.08.27 *Thu
rodan

パリ オルセー美術館 考える人(Le Penseur)ロダンであります。
只今パリにいます(*^。^*)・・・ではありません。
カーチャにいます。ほほほ

突然\(◎o◎)/!考える人なのですが、
まぁー常日頃から「ワタシハシンキュウシトシテドコヘススムノカ?」なんてことを考えているのです。

パソコンを前に働いていたのはもう10年以上前のこと。
それはそれで充実したOL時代だったと思う。まぁーよく働いたものだ(@_@;)
で、その頃からふつふつと何か直接人に向かう仕事がしたいのかも・・・・なんて思っていたのも事実。パソコンと朝から晩、朝から朝まで向かっていたせいもあるのかもしれないし、癒してもらう立場だったから癒す立場になりたいと(陰と陽システムだね)思ったのかもしれない。

まさか(=_=)鍼灸師になるとは思わなかったけれど。。。
今は職業鍼灸師

職業かぁー
なんか違和感。
職業なのですが、これで食べているわけですが、
お金になるからやっている。ってわけではないような気がする。
事実、鍼灸師って儲からない。
「鍼灸って保険利かないから高いですよ」と直球で言われることもあるけど、お一人様の場所を用意して、お一人様の施術メニューを考えて施術していく。ってことを考えたら、自費治療の値段設定ってこうなるのも仕方ないと思う。
で、そういう話ではなくて・・(ーー;)・・

人の体に触れる仕事を始めて、不調を感じる体ってどこか苦しそうで、どこか体が閉じていて、施術することで閉じていたものが開いていくのを感じて、それが相手も感じてくれて、笑ってくれて、その笑顔は美しくて、それが見たくて続けている。
そのためのツールが私にとっては鍼と灸プラス手
で、続けているから職業になっている。

その鍼+灸+手=笑顔
のために、どう進んでいこうか・・・と常にロダンなのだ。

そして鍼+灸+手=・・・笑顔にならないこともある。

今は何でもインスタント時代。
お湯入れて(^^♪3分で出来上がり~♪
お腹がすいたらコンビニ弁当。
電子レンジでチン。

だから、体もちょいちょいってやれば、出来上がり~
みたいなものを望む方がいても当然。

でもね。。。。
体は一日にしてならず・・・・
何事も過程を経て、今の状態がある。

だから、インスタントなものを望まれたときには、正直凹むのだわな。。。

そして、私はロダンになるのだ。。。。

ロダンは結論出たのかな?
CATEGORY : 好きなもの
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

長い付合いです

2009.08.24 *Mon
            snoopyfes

いくつの時だったのかな。
はじめてスヌーピーと出会ったのは。
随分と小さい頃、我が家にやってきたスヌーピーは今でも私の部屋の片隅で笑っている(ちょっと色黒で首もへなへなですが・・・(~_~;))幼い頃はよく連れまわしていたものだ。

今日は、横浜そごうでSNOOPY MONO Festivalが開催されていたので、ちょっと寄ってみました(^^♪
子供ばっかりかしら(><)?と思ったら、意外(?)と大人ばかりでした。
さすが、スヌーピーであります。

もっとスヌーピーの原画とか、歴史とか、展示があればよかったのですが、残念ながらスヌーピーグッズが勢ぞろいしていただけでした。(>_<)q


ひととおりかわいい(*^。^*)かわいい(*^。^*)と見て周り、
スヌーピー好きな甥っ子にパズルを購入して退散

スヌーピーは少しずつ顔かたちが変わっていますが、やはり私は出会った頃の彼が好きです。
フェスティバルの中にはたれ目でない、目が点で、顔もちょっと細くなっているスヌーピーがいましたが、なにか違う(ーー;)

snoopyfirst

初期のスヌーピーはこんな
CATEGORY : 好きなもの
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

冬瓜スープ

2009.07.30 *Thu
先日、家に冬瓜があったので、塩味冬瓜スープを作ったらえらく好評だった(*^。^*)
作り方はいたって簡単♪

「冬瓜」 冬(ふゆ)の瓜(うり)と書いてなぜに夏になると現れるのだろう??
と思っていた。

そしたら・・・・
冬瓜は盛夏に収穫した実を冷暗所に保存すれば越冬できて翌年の春まで食べられるのでこの名がついたということをふと知った。
へぇーーー(-.-)

で「肺を清める」「熱を清める」薬効があるというから、夏にはもってこいの野菜です。
鶏がらスープでコトコト煮込むとトロトロになって、食欲がないこの時期にはいいのではないかと思います。(@^^)/~~~

tougan

CATEGORY : 好きなもの
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜元町・中華街に囲まれたカーチャ治療院 院長
鍼灸師

楽しいこと嬉しいことは降ってこない
目を開いて見つけていこうよ。



最近の記事



最近のコメント



ワンクリゲー


presented by NOW



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © はり灸師 カーチャのひとりごと All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。