FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中で

2008.05.16 *Fri
久しぶりに会社時代の仲間達と会いました。
たまにしか会わないのですが、
この人達と過ごした時間って、私にとって
今の自分の一部だし、あの時間がなかったら
今はないし(*^^)vとそう思うのですよね。

たまに会っても、出会った23歳の私(?)な気がしますね。。。。
もちろん成長はしているはずですが、悪までも成長ということで。。。

今日はそんなことを書こうと思ったのではないのでした(-_-;)
<また寄り道・寄り道>

そう、たらふく喋って、たらふく食べて、たらふく飲んで(*^_^*)
4人の酔っ払いが知らない酔っ払いと一緒に並んで買ったたい焼きを片手に
電車に揺られていると・・・

新大学生くらいの年代の男の子5人組が乗ってきた。
ちょっと、5人の男の子になると、団体(ーー;)って感じのトークトーン
んーーーーー(ー_ー)!!

そこへコロコロ・コローン
とどこからか、ビールの空き缶が彼らの足元にたどり着いた(T_T)/~~~

やっぱり、蹴っ飛ばすかな?
サッカー始まっちゃうかな?

前に、サラリーマン風の男の人の足元にやはりビールの空き缶がゴツンした時は
ぐったり寝ていたそのお兄さん、思いっきり蹴っ飛ばしていたのを記憶している_(_^_)_

そしたら・そしたら
5人はピーチクパーチク喋っているのだけど、
その中の一人が喋りながら下を向くこともなく(起用だねー)
自分の足元に来た空き缶を取り上げ、

まずはひねり
そしてたてに潰し
見事ビールの空き缶は上蓋と底がピッタンコヽ(^。^)ノ
しかも片手で成し遂げた
そう、喋りながら、ごく自然に、決して、つ・潰してまっせ(-"-)
って風でもなく


にいちゃん(#^.^#)やるじゃないか!!
その後も彼はその缶を手放すことなく
きっと、降りた駅で捨てるつもりなのだろう。

かっこいい(^o^)とってもかっこいい(^o^)

私は目的地までじーっと彼を見ていました。
不思議とどんどん彼が素敵に見えてくる。

電車って苦手ですが、その晩の電車はいつもと違って、
彼の周りがピカピカして、いいもの見せてもらった(^v^)
かっくいいぜーーと時のファンになり、拍手・喝采を浴びせていたのでした。

次に電車で空き缶に出会ったら、
私も拾って、片手でひねり潰し、上蓋/底をぴたんとくっつけてみましょう

ふつーの通勤電車で缶ビールを飲む<(`^´)>どうかと思いますが・・・
(まぁ、よっぽど辛いことがあったのかもしれないし)
せめて、自分の出したゴミは自分で始末できる人でいましょうよ。
ねっ(~_~メ)
スポンサーサイト
CATEGORY : 日常
THEME : ひとりごと
GENRE : 心と身体
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form

TRACKBACK

TrackBack List

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜元町・中華街に囲まれたカーチャ治療院 院長
鍼灸師

楽しいこと嬉しいことは降ってこない
目を開いて見つけていこうよ。



最近の記事



最近のコメント



ワンクリゲー


presented by NOW



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



A mouse groupie(A star)

-Ma vie-



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



FC2カウンター



Copyright © はり灸師 カーチャのひとりごと All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。